『いのちのはじまり』

映画『いのちのはじまり』
観てきました♡
たくさん の 想い出が よりがえる映画でした。

自分の子育て期間
  (悔いない!と 確認‼︎)

自分が 育てられた環境
(恵まれていたな、と)
振り返り…


と 云うか
当たり前 が 当たり前じゃないこと

学者さんたちが
もっともらしく
話ししないと いけないくらいに

世界中の「いのち」「こども」に
関わる
 親 
 大人

大切な 部分が

判断できなく なってる社会に 
改めて 愕然としました。


ひとり の 子どもを そだてるということ

親が とか 
限定した関わりでの視野ではなく
地域での 関わり
広い意識での 関わりを

地球上のいろいろな 国や 環境から みて
とらえられる 存在が どれくらい になっていくか。

そんな 魂が これから
どれくらいつながるか 
わたしたちが 出来ること を
   改めて 感じさせてくれる時間でした。


映画から
貧困家庭の子どもは
4歳までに かけられる「ことば」が
3000万語
少ないとのこと

それは
ココロに余裕が ない から
でも
お金が かからない
いくらでも 与えられるギフトのひとつとして
「ことば」
 を 

あくまでも 
ひとつ の データとしてみても

地球上の 
いろいろな地域で
いろいろな環境で 
    生きているひとたちがいると云う事実。


〈ちーむきせき〉について
にも
かいてましたが

この 日本でさえ
行方のわからない子どもが 1万人以上居ると

それさえ
5〜6年前に 聴いた数字です。


いま 
この情報化社会(と いわれる)なか
わたしたちが 本当の意味で
「いのち」
に 
改めて 
  向きあう時期

いろんな きっかけつくりを
たのしんで まいります。

映画上映会ぷろじぇくとちーむ
はじまりますし♡

SAORI official-site

人と人とをお繋ぎすることで 自然・社会・文明の調和と循環をクリエイトする 「インターフェースクリエイター」 として活躍。 鬱をフラワーエッセンスで改善したり 娘を薬害からアロマで救えた経験から 植物の力の他に代替医療を学び始め 更に食品添加物、電磁波、環境ホルモン、動物実験などの情報を日々の暮らしに ホリスティックな生き方を提唱している。

0コメント

  • 1000 / 1000